« ぽかぽかさくらんぼの日 | トップページ

2007年3月31日 (土)

続けてゆく事の大切さ

 先日、城内小学校最後の卒業式と閉校式に行ってきました。どちらの式でも、幼稚園の卒園生の立派に成長した姿にとても感動したのですが、閉校への思いは複雑なものがありました。「♪晴れわたる大空に そよぐゆうかり 高く清らに」の校歌は、私が3年生の時にできたものですが(その時は2部合唱ではなかったような気がします)もう、歌えないのはとても淋しい事です。それでも、「場所は変わらない」と言える城内は、「続く」という言葉が使えますが、場所が残らない青葉の人たちにとっては、「続く」とは言いがたいものがあるのではないかと思うと、校名変更のいきさつの大変さも、改めてわかるような気がしました。どちらにしても、双方がそれなりに、続けてゆければ一番よかったのですが・・・。 

 公立の学校は、その時の市の方針で、どんなに残念でも閉校という事態の受け入れを余儀なくされるのだという事を、一番町、三番町小学校の時、初めて実感として知りました。そして、このたびの母校の閉校・・・・・・・・。だから、桜花幼稚園のような、私立の幼稚園は、どんなに大変でも、自ら幕を閉じるということは、決してしてはいけないと、その時強く思ったのでした。

 桜花幼稚園も2010年に100周年を迎えます。時代がよめなくても、いけないと思うのですが、よむ事にエネルギーを費やして、自らを見失わないようにしてゆきたいと思います。園庭の桜は、今7分咲きくらいです。今年も入園式には、満開の桜が、新しいお友達を迎える事でしょう。在園の子ども達も、一つ大きなクラスになって、桜に見守られながら成長してゆきます。19年度も教員一同で、こころを込めて、保育にあたりたいと思います。

|

« ぽかぽかさくらんぼの日 | トップページ

コメント

園長先生こんにちは☆明日から少しの間ですが静岡を離れます・・・。桜花幼稚園ともしばらく離れてしまうのでとってもさみしいデス。桜花幼稚園は先生達もこども達も、ご父兄の方も、み~んながあったかくて居心地が良くて安心できて、大好きです!○年前、桜花幼稚園と出逢った時からそれは変わりません。どうかいつまでも温かいステキな幼稚園であり続けて下さい。そのために私も微力ですが、これからもお手伝いさせていただきます☆それでは先生方!いってきま~す。

投稿: 桜花ふぁみりー ☆おおた | 2007年4月30日 (月) 19時41分

たくさんのお手伝い、本当にありがとうございました。新しい場所で、又新鮮な気持ちでがんばって下さい。もう一つの実家のような気持ちで、いつでも来て下されば、うれしいです。待っていますね!

投稿: hosono | 2007年5月 7日 (月) 10時28分

4月に入学式が終わったと思ったら早いものでもう
夏休みも中盤に入ってしまいました。
続けていく事は時には難しく、変化を受け入れる事を
求められることもあると思いますが、基本の姿勢を
忘れることなく、いつまでも温かい桜花幼稚園で
いつまでもそこにあって欲しいなと思います。
 我が家のモチモチくんも、随分と心が骨太になって、
少しのことでは泣かなくなったなと実感しています。
 新しいことに好奇心一杯で毎日がキラキラです。
きっと、桜花での三年間で育まれた人を大切に思う
そして、自分も大切にする気持ちが、子供たちの
毎日をこんなにも輝かせているのだと思います。
これからも、よろしくお願いします。

投稿: もちもち君 | 2007年8月11日 (土) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183174/14467223

この記事へのトラックバック一覧です: 続けてゆく事の大切さ:

« ぽかぽかさくらんぼの日 | トップページ