« 歯みがき指導のお知らせ | トップページ | さくらんぼの日緊急お知らせ! »

2007年3月24日 (土)

第97回保育修了式

 去る16日、第97回めの保育修了式が終りました。今年は創立96年なのですが、創立して1年にならないうちに修了生を送り出しているので、多分96年目に97回修了式という事になったのだろうと思っています。

 毎年の事ながら、一人一人の育ちを思って、とても感動してしまいます。頼もしくなった姿に涙してしまいます。そして、式が終った子ども達は、ひとまわり大きくなったように思います。みんな元気でね。そして又遊びに来て下さい。お母様達にも大変お世話になり、ありがとうございました。

 式中で、お祝いのご挨拶の中でもお話ししたのですが、幼稚園の時代は、お子さんの長い人生の中では、ほんの短い期間でしかありません。そして、淡い記憶の中で、消え去ってしまうものかもしれません。でも、お子さんが人生を歩んでゆく中を、絶え間なく潤し続ける地下を流れる水のような存在で幼稚園があれたなら、と心から思っています。

|

« 歯みがき指導のお知らせ | トップページ | さくらんぼの日緊急お知らせ! »

コメント

>>お子さんが人生を歩んでゆく中を、絶え間なく
>>潤し続ける地下を流れる水のような存在で幼稚
>>園があれたなら、と心から思っています

良い言葉ですね。
ウチの子供も意識の下には桜花幼稚園で育んで戴いた
モノが流れている…と感じている今日この頃です。

投稿: 安西 田中 | 2007年3月27日 (火) 08時38分

意識の下にあるものって、とても大切なのだと、ここ数年で特に思うようになりました。共感して下さって、とても心強く思います。ありがとうございました。

投稿: hosono | 2007年4月 2日 (月) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183174/14369389

この記事へのトラックバック一覧です: 第97回保育修了式:

« 歯みがき指導のお知らせ | トップページ | さくらんぼの日緊急お知らせ! »